海外旅行に行くならこのカード!海外旅行傷害保険の充実したオススメクレジットカード

日本は世界でも非常に安全性や治安の優れた国であるとされていますが、海外では発展途上国はもちろん先進国であっても安全性等が不十分な国は少なくないと言われています。

また、海外で万が一の事態が生じ手術や入院ということになった場合、日本とは比較にならないほど高額な治療費・入院費が掛かることも有名です。頻繁に例として出されるもので言うと、仮にアメリカで盲腸にかかり入院した場合は約240万円、欧州では150万円ほどの費用が掛かるとされています。これは日本で同じ治療を受けた場合の数倍の費用となっています。一応、海外で治療や入院をしたという場合であっても日本の健康保険を適用することができますが、治療費は日本で治療を受けた場合に換算し直すため、返ってくる金額は微々たるものです。こうした事情から海外旅行に頻繁に行かれるという方は、付帯する海外旅行傷害保険が充実したクレジットカードを選択する必要があります。そこで、以下では海外旅行向けのオススメクレジットカードをご紹介していきます。

海外旅行に持っていきたいクレジットカードとは

オリコカードiB

「年会費は負担したくないけれど海外旅行傷害保険は充実させたい」という方の希望を叶えるのが、オリコカードiBです。オリコカードiBの海外旅行傷害保険は、年会費無料(年1回以上の利用が条件)のクレジットカードとしては最高峰で、年会費の掛かるクレジットカードにも引けを取りません。

例えば、海外旅行傷害保険で最も重要度の高いとされる傷害・疾病治療費の補償額は200万円となっています。この傷害・疾病治療費の補償は無料のクレジットカードの場合、付帯しないものも少なくありませんし、付帯していたとしても100万円としているものが非常に多くみられます。

さらに死亡または後遺障害、賠償責任の補償額は2000万円と高水準を維持しているため、そうした点でも安心です。

三井住友VISAゴールド

代表的なゴールドカードとして知られる三井住友VISAゴールドもとても付帯保険が充実しているクレジットカードの1つです。比較的ハイステータスなカードということもあって、年会費は10000円とやや高額ですが、それ以上のサービスを受けられるカードでもあります。さらに利用条件に応じては4000円まで年会費を割り引くことも可能です。

補償内容を見ていくとまず傷害・疾病治療費ですが、こちらは300万円と上記のオリコカードiBよりもワンランク上の金額が設定されています。また、死亡・後遺障害や賠償責任などの最高額は5000万円とゴールドカードならではの高さを誇り、ある程度の範囲の費用であればまずカバーすることが可能です。

その他、旅行時のカバンや貴金属、旅行券などの持ち物を破損や盗難された場合に補償してくれる携行品損害保険も50万円付いている点もポイントです。

SBIプラチナカード

純プラチナを素材として使用している高級感あふれるSBIプラチナカードは、最高水準の旅行傷害保険が付帯するクレジットカードとして高い人気を誇ります。年会費は30000円とプラチナカードならではの高さとなっていますが、旅行傷害保険だけでなくあらゆるサービスにおいて高水準です。

海外旅行傷害保険の補償内容としては、傷害治療費最高1000万円、疾病治療費最高700万円となっているほか、死亡または後遺障害、賠償責任はなんと最高1億円としています。また、会員の家族にも保険が付帯され、疾病治療費であれば500万円などの補償がなされる点も特徴です。

さらにSBIプラチナカード会員限定のサービスとして空港VIPラウンジの利用等も付いているので、快適な旅行のサポートとしても優秀です。

海外旅行用クレジットカード

ご紹介してきたように一口に海外旅行傷害保険と言ってもその内容はクレジットカードごとにさまざまです。年会費等の負担も考慮しつつ、自分に合ったクレジットカード選びを心掛けましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ